大内隆司

代表挨拶

1日の終わりに刺身とビールで一杯。何にも変えがたい私の楽しみです。自画自賛ですが、新鮮な魚はあれこれ手を加えなくてもウマイ!皆さんはテーブルにのった食材がどこからどうやって届いたか考えたことはありますか?

海に囲まれたこの日本であっても40%を輸入に頼っています。スマホのボタンひとつで世界中から商品が届く昨今、安心安全な商品を見抜く「目利き」が大切です。

日本橋魚河岸で創業して110年。先代より魚を見抜く目、扱い方を叩き込まれてまいりました。仲卸だからこそできる「目利き」には自信があります。

世界中から注目されている「中央卸売豊洲市場」には、高感度な食のプロたちが集います。
私どももそんなプロたちに満足していただけるよう、常に最先端の情報を集め、魚に対する知識を更新しております。魚離れが加速する中、魚の美味しさや産地のこだわりを皆様に直接伝えることが私どもの使命と念じ、これからも皆様のお役に立ちたいと考えております。

大内康生

専務挨拶

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 また、弊社とお取引していただいているお客様には、扇安をご贔屓にしていただきありがとうございます。

さて、「市場」と聞くと大きなロットで買わなきゃダメ!といったイメージをお持ちではないでしょうか?

全くもってそんなことありません。

小さい白身魚を2、3種類だけ欲しいけど…結構です。実際、そういったお客様が多数です。また、飲食業界以外のお客様もいらっしゃいます。

例えば、企業様やプライベートでのバーベキューやホームパーティーの際の食材調達などのご利用も多いです。

鮮度重視、品質重視、価格重視、それぞれのお客様のニーズをお聞きして、商品を揃えています。社員一同、お問い合わせ、ご来店をお待ちしております。

まずは気軽にご相談ください。

スタッフ

会社概要

会社名
株式会社 扇安
代表者
代表取締役 大内 隆司
所在地
〒135-0061
東京都江東区豊洲6-5-1
店舗番号1063~1064
お問い合わせ
TEL:03-6633-5578 (6時~12時)
FAX:03-6633-5579
MAIL:support@senyasu.info
資本金
900万円
役員
取締役専務 大内 康生
取引銀行
三菱UFJ銀行、スルガ銀行

沿革

明治38年10月(1905年)
大内安兵衛が、東京市日本橋区日本橋魚市場にて問屋兼仲買人の権利を得る。
扇安商店を創業。
大正12年9月(1923年)
関東大震災のため港区芝浦海岸の特設魚市場に移転し営業を継続。
昭和10年12月(1935年)
卸売市場法の施行により東京市開設の築地卸売市場に移転。
昭和35年10月(1960年)
大内和夫が、代表取締役に就任。北海道の中央市場と取引開始。
昭和42年12月(1967年)
手国商店と企業合併し、有限会社扇安商店を設立。
平成16年2月(2004年)
大内隆司が、代表取締役に就任。
平成22年6月(2010年)
株式会社 金上本店と企業合併し、株式会社 扇安に名称変更し、現在に至る。

ご予約・お問い合わせはこちら

03-6633-5578

03-6633-5579

support@senyasu.info

ホームページを見たとお伝えいただけるとスムーズです。

「株式会社 扇安(せんやす)」では、皆様にできる限りスムーズに商品をご提供するため、
事前のお問い合わせをお願いしております。
1点からでもかまいません。商品のお問い合わせやご質問は、お電話・FAXにて承ります。

最上部へ

お問い合わせはこちら